森下京子

1974年、大阪南部の田舎町で寒い冬の日に生まれました。
体重4000gのビックベビーでしたが、お産は2時間と安産だったらしいです。
第1子出産の際、地域で活動する助産師との出会いがあり、助産師になることを決意しました。
在学中に野の花助産所にて第2子を出産、二人の子供を育てながら慌ただしい学生生活を過ごしました。
その後、病院、クリニック、明石市委託助産師・保健師、大学研究補助員などを経験しました。2017年、野の花助産所を先代石村朱美さん、高橋八重子さんより引き継ぎ、代表を務めさせていただくこととなりました。妊婦さん、お母さん方と近い目線で関わっていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

2011年 兵庫県立大学看護学部卒業
2017年 岡山大学大学院「妊娠中からの母子支援」即戦力育成プログラム履修終了
ベビーマッサージ教室、育児サークルを地域の助産師とともに継続開催(あかしこども応援助成金事業)


永野はるな

看護学生の時の母性実習で、赤ちゃんとお母さんの強さに感動して助産師を目指しました。お母さん方、ご家族がこうしたいなと思うことを支えられる助産師でありたいと思っています。
好きなことはライブ、フェスに行くことです。最近はあまり行けていなくて残念。体力があるうちにできるだけ行きたい!またもっぱらテレビ観戦ですがテニスも大好きです。

2001年 大阪市立助産師学院 卒業。姫路市、東大阪市の病院で病棟勤務していました。
2017年 地域で支援したいという長年の想いをもって病院を辞め、地域や助産所でお世話になっています。


高橋八重子

1953年生まれ。高度経済成長真っただ中、神戸のケミカルシューズの町長田で育ちました。家族立合いなし、3時間ごとの授乳と母児異室が当たり前の頃に第1子出産。寂しいお産を経験してこれでいいのかとの思いで助産師になりました。お母さんの気持ちを大切に寄り添っていきたいです。
趣味はレスリーチャンの音楽を聴いて映画を見ること。ずっと聞いていたい歌に出会いました。

1981年 兵庫県立総合衛生学院助産学科卒業。その後病院助産師として働く。25年務めた佐野病院では院内助産所を始める。
2006年 イトオテルミー資格取得
2009年 野の花助産所初代共同開業
2017年 野の花助産所スタッフとなる


分藤美和

森下とは、県立大学学生時代に出会い、同じママ学生として一緒に夢を語り合い、時に励まし合い、卒後はそれぞれの場所でそれぞれの道を歩んできました。学生時代から明石市で子育て支援事業を立ち上げ、卒後は様々な現場で子育て支援事業の運営、新たなコミュニティー作りの機会に携わってきました。
そして、離島での保健師経験を経て、お母さんとご家族さんが産前・産後にゆったり過ごせる場所が作れたら…という思いも募らせてきました。
明石の地で新たに出発する産後ケア施設の管理者として、赤ちゃんとご家族の皆様と一緒に楽しくワクワクする時間を過ごして行けたら・・と思っています。

1995年 京都女子大学卒業 保育士として7年勤務。
2008年 兵庫県立大学卒業 保健師・助産師・看護師資格取得。行政機関・教育機関・看護協会などで勤務
2021年 野の花助産所(あかし)管理者となる。

離島での保健師活動(※別のサイトに移動します)

【インタビュー】へき地保健師たちに聞く、暮らし・仕事INTERVIEW 後編


安友千津子 (骨盤ケア担当助産師)

野の花助産所のゆったりと温かい雰囲気が心地よくて大好きです。産前産後の骨盤ケアと、マタニティー&産後のヨガを担当しています。高砂市を拠点に地域で訪問ケアや骨盤ケア教室、カフェでお茶会などイベントもしています。2児の母。

・トコちゃんベルトアドバイザー
・トコ・カイロプラクティック学院総合ケア師1級
・日本マタニティ・ヨーガ協会認定インストラクター
・YT200ヨガ指導者養成コース終了

2000年 兵庫県立大学看護学部卒業。兵庫県立病院、大津赤十字病院で看護師として病棟、NICUで働く。
2011年 京都医療センター付属看護助産専門学校卒業。大津赤十字病院、個人産婦人科医院勤務。
2019年 フリーランス助産師として活動し、出張専門ちーこ助産院開業。